NPO法人やすらか庵

人口減少、少子高齢化、核家族化の歯止めが効かない-何とかしないとこのままでは無縁仏が増えるばかり

千葉市平和公園墓地の墓じまい

千葉市平和公園 千葉市平和公園墓地は千葉市若葉区にあり公園型の霊園として整備されています。園内には芝生型の小さめの墓地から一般的な墓地までの区画が多くあり、ゆったりとした環境の中でお墓参りが出来ることで人気があります。 園内は車が通る道路が…

TBS報道特集

TBS報道特集 9月21日地(土)夕5時半からのTBS報道特集の内容は元々RSK山陽放送が独自に作った内容で、6月19日放送のRSK地域スペシャル「メッセージ 墓は消えるのか~家族が決断した理由~」という1時間番組を再放送用に短縮して放送されたものでした。 岡山…

台風15号で被害甚大

台風15号の被害 先日の台風15号は主に千葉県に甚大な被害をもたらしましたが、まだ停電している所もあり、復旧までにはかなりの時間がかかりそうです。 車があまり通らないような道路はこのように放置された所もあり、樹や電柱がボキボキと折れているんです…

お盆が済んで

お盆が済んで NPO法人やすらか庵は千葉市若葉区野呂町にありますが、周辺のお墓では住民の方が13日と15日の夕方にお墓のランタンにロウソクを灯しにやってきます。 迎え火と送り火なんですが、夕方の暗くなりかけた時間にお墓のあちこちでロウソクの火が…

お墓の中の遺骨は永遠にそのままである

お墓の中の遺骨 いつからお墓は遺骨の保管庫になったのでしょうか、骨壺に大切に納められ、コンクリートで固められた部屋の中に安置されていますが、これが現代の正式な「埋葬」なのですが、この状態ですと遺骨は百年経っても千年経ってもそのままですので、…

市川市霊園 千葉県市川市では「市川市霊園一般墓地返還促進事業」として原状回復(更地に)するための費用を助成してくれます。 事情により一般墓地を返還する場合は、使用者の費用負担で墓地を原状回復(更地の状態)して返還しますが、その原状回復に係る費…

土に還る

土に還る 鴨川で墓じまいしていましたら、お墓のすぐ傍の道に何やらデカい物体が! お墓のすぐ傍に出て来たウシガエル、生きているのですが指でツンツンしても全く動かない、まるでここの主のようですが、お墓というものは土に還る場所なのですから、「土にカ…

200年前のリサイクル

200年前のリサイクル 墓じまいの工事をしていますと、特に古いお墓ではいろんなことに遭遇しますが、これはお墓の正面の花立石ですが、取り外して裏側を見てびっくり! なんと昔の別のお墓の墓石だったのです。 文政2年(1819)の銘がありますので、今から2百年…

今の時期お墓は放っておいたら草だらけ

お墓が草だらけ 梅雨の時期はよく雨が降り、太陽の日差しも強くなりますので、草がどんどんのびて いきます。田舎では今の時期どこでも草との闘いであり、集落の共同墓地などでは皆が共同で草刈りをするのです。 共同での草刈りは大抵、日曜日の早朝に行われ…

土に還る納骨法

土に還る納骨法 お墓にお遺骨を納骨する時には皆さん、亡き人の遺骨が入った骨壺を持って行きますよね。四十九日の法事をした後に皆でお墓に向かい、僧侶が墓前で読経しながら石材店の人が墓の蓋を開けてくれて納骨して皆でお焼香するのが通例です。 しかし…

お彼岸と墓じまい

お彼岸 私達が生きている世界は此岸(しがん)であり、死者の国であるあの世の世界は彼岸(ひがん)と言います。此岸と彼岸の間には三途の川が流れていて、その川はあまりにも大きくて、こちらからは彼岸の様子を伺うことが出来ませんが、1本の端が架けられてい…

ペットの粉骨

最近はペットの散骨をされる方が増えてきました。 大切なペットが亡くなった時には、ペット火葬を利用されることでしょう。ペットの遺骨をどうするかということに関しては、ペット霊園は遠くて高く、後継者に渡せないなどの理由で、自分の家に安置しているこ…

参加する散骨

近年の葬送の儀式全般に言えることですが、儀式の簡略化と少人数化が進んでいます。なるべく時間とお金をかけずに簡単に済ませるという風潮が強くなっています。 特に都会で生活していますと、親戚や近所付き合いなどがあまりないために、お葬式をするにも、…

墓じまいは、70歳過ぎたら真剣に

yasurakaan.main.jp は先祖のお墓を撤去して、お遺骨を永代供養したり、散骨したりすることですが、いざ、やろうと思っても、意外と時間とお金がかかるもので、出来なかったという方が結構おられます。 年齢的には70歳になったらもう実践するべきです。出来…

海の散骨

海は生命の故郷、様々な命を生み出す場所であり、 命の還る所でもあります。 地球には大地と豊かな水があることで豊かな生態系があり、 命をつないでいることから、 私達人間も地峡上の生物という観点からも 大地に、海に還る yasurakaan.jp ということは理…

お焚き上げ供養とは

古くなった仏壇や仏具、位牌、神仏像、御札、御守、写真、数珠、亡き人の遺品などは、ゴミとして捨てたらいけない事は、皆さんご存知だと思います。何故ゴミとして捨ててはいけないかと言いますと、神仏やご先祖の魂を入れてあるものは、本来は礼拝の対象と…

喉仏について

火葬場での骨拾いの時に説明される喉仏は、喉の真ん中あたりにあって唾を呑み込んだ時にゴクンと動く喉仏ではありません。男の人が特に出ていて、外から触れることが出来る喉仏は、実は軟骨であって、軟骨というものは、火葬されると灰になってしまいますの…

お寺の墓じまいは難しい

お寺に付属する墓地の墓じまいは問題になることが多く、 トラブルが最多いと言えます。今日は宗教的な理由による対立についての考察です。 お寺さんにお墓を片付ける旨の相談に行く場合、特に、離檀となる場合には、 これまでずっとここの寺院で供養し続けた…

あの世に名刺は必要ないでしょ

一昔前のお墓で流行った「名刺受」です、実際に名刺が入っているのを 見たことがありません。 墓じまいをしていると、時々遭遇いたします。 会社関係の人がお墓にお参りした時に入れるためのものだそうですが、 あの世にまで俗世間のくだらない習慣を持ち込…

墓じまいして更地になった場所は

墓じまいではお墓を撤去して更地に戻しますが、その更地になったお墓は、返還された土地として販売されます。都立の霊園では申込みに対して供給が間に合っていませんし、新規の分譲が出来ない状態ですので、毎年申込みを受け付けてから抽選して当たった人に…

墓じまいとはお墓を更地に戻すことです

墓じまいとは、お墓の後継者がいないなどの理由で、お墓を片付けることです。 お墓は地上部分の建造物と、納骨室(カロート)を含む地下部分とからなり、 一般的には地上部分と地下部分の両方を撤去して更地にすることです。 また、長年礼拝の場所として使われ…

砂利を差し上げます

やすらか庵ではお墓を撤去した際に引き取った石やコンクリートを お清めした後、砂利にして、ご希望の方に無料で差し上げています。 駐車場や通路のぬかるみ対策にどうぞ やすらか庵は千葉市若葉区野呂町1434-10 電話043-228-1480

無縁仏が増え続ける

わが国の人口は2010年をピークに減少傾向になり、 この減少傾向は、今後ますます加速していくことが 確実であることが分かりました。 古来よりの「家」という制度が崩壊していくと共に、 跡継ぎ(長男)がいない、子供がいても女の子ばかり、 跡継ぎがいてもい…